市民の皆様の健康と、健やかな生活をサポートします。

郡山歯科医師会について

郡山歯科医師会の沿革

年月 会長(支部長) 沿革
昭和17年12月 佐藤勘兵衛支部長(第1代) 会員数36名
昭和21年1月 武田武(第2代) 会員数48名
昭和22年11月 鈴木義三(第3代) 会員数54名
昭和24年4月 善方啓一郎(第4代) 会員数49名

「ムシ歯予防デー」(昭和3年から昭和17年まで実施)は「口腔衛生週間」として復活

昭和25年4月 山口良吉(第5,6,7代) 会員数51名
昭和26年6月   保歯協(郡山保健所協力会)の活動開始
昭和30年4月 武田武(第8,9代) 会員数50名
昭和34年4月 伊藤英雄(第10,11,12代) 会員数54名
昭和40年4月 佐藤正寿(第13,14,15代) 会員数66名
歯の衛生週間行事としてうすいデパートをメインに「無料口腔相談」
昭和44年4月   事業所歯科検診事業開始
昭和46年4月 鈴木壮一(第16,17代) 会員数76名
昭和50年4月 加藤輝彦(第18代) 会員数74名
昭和52年4月 外島順(第19,20,21代) 会員数80名
昭和57年4月 宮本一郎(第22,23代) 会員数97名
西武デパートにて歯の衛生週間行事として「図画、ポスタ-、習字コンクール」の作品展示を開始。また「無料歯科衛生相談」を行う。昭和58年からは「よい歯の集い」と題して、検診、相談、指導が行われ昭和63年まで継続。
昭和61年6月  

郡山療育園(62年より福島県心身障害児総合療育センター)にて障害児・者診療開始。

昭和63年4月 印南光世(第24,25代)

会員数130名。昭和63年4月1日より福島県歯科医師会郡山支部は郡山歯科医師会に名称変更。保歯協部会(郡山保健所協力会)が保歯協委員会へ委員会名を改称。平成元年より歯の衛生週間は「歯の健康フェア‘89」と題して、郡山市公会堂にて行われる。平成2年からは郡山市保健センター(現郡山市保健所)、平成9年以降はイトーヨーカドーで行われている。

平成 2年4月  

郡山歯科医師会事務所,郡山市保健センター(現郡山市保健所)に移転

平成 4年8月   在宅寝たきり老人等歯科訪問診療開始
平成 5年1月   平成4年度で郡山歯科医師会50周年を迎え、「ホテルハマツ」にて記念式典を施行するとともに記念誌を発行。
平成 6年4月 佐久間崇之(第26代) 会員数141名
平成 8年9月 療育センター協力会(福島県総合療育センター歯科協力会)10周年記念の会を開く。記念誌「10年のあゆみ」を発行
平成 9年4月 鈴木輝久(第27,28代) 会員数152名
平成 9年6月   成人歯科検診事業開始
平成12年7月   郡山市休日夜間急病センターにて休日救急歯科診療開始
平成14年4月 栁田教夫(第29,30,31代)

会員数165名

平成15年8月

 

2才児検診事業開始

平成16年3月   郡山市協力による在宅寝たきり老人等歯科訪問診療事業の終了
平成16年6月   「歯の健康フェア」開催会場をビッグアイ6階市民ふれあいプラザに移す
平成18年3月  

会員数165名

平成18年6月   休日救急歯科診療場所が郡山市医療介護病院(ビッグハート)へ移転
平成19年3月

 

会員数165名

平成19年9月   「こども虫歯予防教室」が「320教室」幼児虫歯予防事業に変更
平成20年4月 藤田富夫(第32,33,34代) 会員数164名
平成21年3月   会員数162名
平成22年3月   会員数163名
平成23年3月   会員数162名
一般社団法人郡山歯科医師会定款3月30日制定
平成23年4月   法人格取得により一般社団法人郡山歯科医師会となる。
一般社団法人郡山歯科医師会定款4月1日許可、施行
平成24年1月   法人設立記念式典を「郡山ビューホテルアネックス」にて開催
平成24年3月   会員数161名
平成24年6月   「郡山市における歯と口腔の健康づくり推進条例(仮称)」制定についての請願が市議会で採択される。
平成24年10月 藤田富夫(第35代) 郡山市こども医療費助成制度の対象年齢が18歳に引き上げられる。
平成25年3月   会員数161名
平成25年7月   一般社団法人郡山歯科医師会となり初めての役員選挙が実施される。
平成25年11月   一般社団法人郡山歯科医師会規則・規程集11月7日制定、施行
平成26年3月   会員数160名

▲ページの先頭へ戻る